MENU

仕事を辞める瞬間ってどのようなとき?決められない時は

「従来職場にいても成長できるのか」と考えることがあるのは、勤続3年間以上から10年間に達しないレベルの薬剤職員がたくさんいるのだそうです。以上から違う環境へ移動する時のことを苦悩しているのは、退職するパーセンテージが多いなどと思われているこの中心となって働く薬剤職員なのだと思われます。新人を卒業し、数年薬剤職員として勤務していれば、デイリーの仕事が決まってしまって、どうやっても遣り甲斐がなくなります。それがきっかけで、転職せずにこのままこの環境であくせく働いていても、ありがたみを保持できるのだろうかと思い悩み、そういった頃合いで違う職場への転職について悩むのです。統率力のある職員のチーフにステップアップするにあたり、適切な時期などをみて職を変えることで、統率者としての仕事のし方や、指揮のメソッドを体得しやすい仕事場などもあるに違いありません。他の勤め先において、問題なくメンバー全員を取りまとめる事を学べれば、自信になるでしょう。